第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 佐野・佐野松桜が4強 雨中の攻防、宇都宮工降す /栃木

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、毎日新聞社など主催)は29日、宇都宮市西川田4の県総合運動公園で1回戦1試合が行われ、4強が出そろった。

 佐野・佐野松桜の合同チームは雨でボールが滑りやすい中、キックを多用する戦術で主導権を握り、40-12で宇都宮工に快勝した。

 準決勝は11月4日、栃木市総合運動公園で行われ、国学院栃木と合同チーム、足利工大付と佐野日大がそれぞれ対戦する。【野田樹】

16人の合同チーム

 ○…花園出場経験のある佐野と、佐野松桜の合同チームが宇都宮工から6トライを奪い、初戦を突破した。部員不足により、佐野は花園の県予選で初めて合同チームとして出場。チームを組んだ佐野松桜と合わせても16人のみで、合同練習は3回ほど。それでも、佐野のNO8手塚雅斗主将(3年)は「声を出すことを意識したので、うまくコミュニケーションを取れた」と振り返った。準決勝は、17連覇中の国学院栃木と対戦する。手塚主将は「『佐野』という一つのチームとして、勝ちに向かってプレーしたい」と意欲を見せた。

佐野・佐野松桜 40 28-12 12 宇都宮工

           12-0

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/10/30 10:53)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞