第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 高知農と高知追手前、「合同」で出場 来月5日開幕 /高知

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県ラグビーフットボール協会主催、毎日新聞高知支局後援)が11月5日、高知市の県立春野総合運動公園球技場で開幕する。1回戦で土佐塾と合同チーム(高知農・高知追手前)、高知中央と高知工が対戦し、決勝は12日午後1時、同所で開かれる。多くの他府県で合同チームは認められているが、県内は初めてで、少子化の中で高校生ラガーマンに朗報となった。

 県高体連ラグビー専門部によると、県内では1月の冬季大会、4月の春季大会、5月の県高校総体、9月の夏季大会は合同チームが認められていたが、大阪・花園である全国大会の県予選だけが認められていなかった。

 しかし、全国40弱の県予選で合同チームが認められている▽少人数校でも試合経験を増やしたい▽高校野球や高校駅伝の県予選でも参加している--などの理由から高知農(部員13人)と高知追手前(同3人)が合同で出られるようになった。

 合同チームで指揮を執る予定の濱口宗也(もとや)・高知農監督は「目標を持って努力している成果を発揮する機会を与えられて感謝しています」。高知追手前の上村靖和監督は「少人数校のモチベーション維持につながり、喜んでいます」と話している。【村瀬達男】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/10/22 15:36)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞