第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選が開幕 石山、抽選で2回戦へ 比叡山、滋賀学園は快勝 /滋賀

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県予選が21日、野洲市の希望が丘文化公園球技場で開幕した。雨の中、1回戦3試合があり、比叡山が東大津を零点に封じ、滋賀学園も玉川に快勝した。3-3の同点だった石山と瀬田工は抽選の結果、石山が2回戦に進んだ。

 26日に2回戦1試合が同球技場であり、比叡山と石山が対戦する。【小西雄介】

 ▽1回戦

比叡山 22 12-0 0 東大津

       10-0

 比叡山は前半21分にゴール前のラックから押し込んでトライし、SO田中がゴールを決めた。その後もTB久西やロック山口らが3トライを奪った。東大津は攻め手を欠き、得点できなかった。

石山 3 0-0 3 瀬田工

     3-3

 (抽選で石山が2回戦へ)

 前半は互いに0点で後半へ。後半5分、瀬田工がペナルティーゴール(PG)で3点を先取すると、その4分後、石山もPGで追いついた。その後は一歩も譲らず同点のまま。抽選で石山が勝利した。

滋賀学 45 19-7 7 玉川

園      26-0

 滋賀学園はTB島田や主将のTB藤本のトライなどバックスを中心に、計7トライを決めて終始試合をリードした。1年のFB小松はゴールを5本決める活躍。玉川は、TB浅野のトライで意地を見せた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/10/22 15:05)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞