第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 山形中央VS山形南 昨年と同一カードに 決勝は22日 /山形

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビーフットボール協会、毎日新聞社など主催)の県予選大会が14日、人工芝に新装されたばかりの酒田市光ケ丘球技場で開幕した。準決勝2試合が行われ、山形中央と山形南が勝ち上がった。決勝戦は昨年と同一のカードとなり、山形市球技場で22日午後1時、キックオフされる。

 連覇を狙う山形中央は前半1分、FB堀が抜け、フォローしたTB長岡が右中間に先制トライ。その後もHB東海林、ナンバー8中川らが次々とトライを重ねた。後半はセンター付近のラックから抜け出したFW工藤のトライを皮切りとし、6トライ5ゴール。集散の速さと切り返しの鋭さで圧倒した。日大山形はFWが体格の良さで相手を上回ったもののミスも多く、零封を喫した。

 山形南は前半21分、敵陣22メートル付近でのラインアウトモールからFW菊地が持ち込み、先制トライ。後半7分にはゴール前で同様の展開からFW村上が、17分にもゴール前ラックからFW島貫がそれぞれトライを決めた。鶴岡工業は後半11分、ゴール前10メートルのラインアウトモールからFW佐藤紫がトライ。26分には敵陣でラックからTB長谷川が抜け出しトライした。ゴールも決まり1トライ差まで迫ったが、及ばなかった。【高橋不二彦】

 ▽準決勝第1試合

山形中央 反1

6 4 0 0 38 6 5 0 0 40 78

T G P D  前 T G P D  後  計

0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

日大山形 反9

 ▽同第2試合

山形南 反9

1 0 0 0 5 2 1 0 0 12 17

T G P D 前 T G P D  後  計

0 0 0 0 0 2 1 0 0 12 12

鶴岡工 反5

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/10/15 11:36)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞