第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 男鹿工12トライ圧勝、4強進出 金足農も危なげなく /秋田

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連など主催、毎日新聞秋田支局など後援)は14日、秋田市のあきぎんスタジアムで2回戦2試合があった。男鹿工と金足農がそれぞれ勝ち、準決勝に進出した。

 第1試合は男鹿工が76-10で能代工を突き放した。CTB沖田瑠星選手(3年)が5トライを記録するなど、前後半で計12トライを重ね、点差を広げた。能代工は前半に相手の反則などを機に2トライを奪ったが、後半は失速した。

 第2試合は金足農が72-5で大館桂桜に快勝した。BK陣を中心にパスを展開し、トライを量産。FB畠山佳選手(3年)は前後半で計5トライを奪った。大館桂桜は前半7分、NO8目時隆聖選手(2年)がトライを決めたが及ばなかった。

 15日は2回戦残り2試合があり、昨年の覇者・秋田工と、2年ぶりの優勝を目指す秋田中央が登場する。【山本康介】

 ▽2回戦

能代工 反9

2 0 0 0 10 0 0 0 0  0 10

T G P D  前 T G P D  後  計

4 1 0 0 22 8 7 0 0 54 76

男鹿工 反5

 ▽同

大館桂桜 反7

1 0 0 0  5 0 0 0 0  0  5

5 3 0 0 31 7 3 0 0 41 72

金足農 反4

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/10/15 11:32)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞