第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 明和県央、雪辱なるか あす開幕 20校15チームが熱戦 /群馬

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県ラグビーフットボール協会、県高体連、毎日新聞社など主催)が14日に開幕する。20校15チームがトーナメント形式で優勝を争う。決勝は11月11日に前橋市の県立敷島公園サッカー・ラグビー場で予定されている。優勝チームは12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。

 優勝争いの軸は、5月の県総体を制した明和県央。3年生を中心に、フォワードとバックスのバランスが良く、昨年の県予選決勝で東農大二に敗れ4連覇を逃した雪辱を誓う。

 注目は県総体準優勝の桐生第一。元ラグビー日本代表でトップリーグ・パナソニック主将も務めた霜村誠一監督が着任して3年目となり、確実に力をつけている。ニュージーランドへの「ラグビー留学」から今夏帰国した2年生2人のプレーも見ものだ。【神内亜実】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/10/13 13:27)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞