第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 不来方、8強入り /岩手

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県大会(県ラグビーフットボール協会、毎日新聞社など主催)は3日、八幡平市ラグビー場で3回戦4試合があった。不来方が岩手を3点に抑えて勝利したほか、釜石商工、盛岡一、盛岡北が勝ち、8強入りした。準々決勝4試合は23日、同ラグビー場で予定。3連覇を目指す黒沢尻工など前回4強が登場する。【三瓶杜萌】

 ■トライ

成長感じた後半の猛攻 花巻東SO・小原竜選手(3年)

 「チームの次につながるラスト1プレーを」。後半28分に相手にトライを奪われ、ゴールを決められた直後。相手の守備が薄い自分の方へキックを出すよう指示すると、すかさずボールを奪って駆け抜け、チーム4本目のトライを決めた。

 前半を終えて、0-40。後半に入っても先に1トライ、1ゴールを決められ、ワンサイドゲームだった。だが後半15分。チームはFWからバックスにボールがつながり初トライを決めると、猛攻を見せた。

 中学は野球部に所属した。学校の特設チームでラグビーに触れて「全員でボールをつなぐ楽しさ」を感じ、高校でラグビーをやろうと決心。「せっかくなら一からチームを作ってみたい」と、入学の年にラグビー部を創部する花巻東に進んだ。

 チーム作りは試行錯誤の連続だったが、強豪チームのプレーを見るなど研究を重ねた。1年からチームのまとめ役をしながら、FW主体のチームのプレースタイルを固めてきた。

 2回戦は抽選勝ちとはいえ、創部3年目で初の3回戦進出。「FWからバックスにパスをつないで得点できたことにチームの成長を感じた。後輩にはどんどん強くなってほしい」。やりきった表情だった。【三瓶杜萌】

 <八幡平市ラグビー場>

 ▽3回戦

釜石商工 38 14-0   0 盛岡三

        24-0

不来方  54 19-3   3 岩手

        35-0

盛岡一  54 40-0  24 花巻東

        14-24

盛岡北  56 35-0  19 盛岡南

        21-19

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/9/4 10:59)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞