第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

大分予選

【開催期間】2017年10月22日 ~ 2017年11月12日

大分舞鶴高校が代表校に決まりました
32年連続56度目

決勝戦

大分舞鶴高校

33

14-0
19-0

0

大分東明高校

11月12日(日) 大分市営陸上競技場

ハイライト記事

記事(提供:毎日新聞/2017/11/14 地方版)
県予選決勝 大分舞鶴56回目花園へ 32年連続切符 東明を33-0 /大分

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)県予選の決勝が12日、大分市の市営陸上競技場であり、大分舞鶴が33-0と完封で大分東明を降し、優勝した。大分舞鶴は、12月27日から東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。花園出場は32年連続56回目。【尾形有菜】

 昨年の決勝と同じカード。舞鶴が攻守で圧倒し、東明に付け入る隙(すき)を与えなかった。

 鮮やかな先制点だった。舞鶴は前半1分、ラインアウトから一気に左に展開。ウイングの工藤光平選手(2年)が飛び込んだ。東明はその後、舞鶴の反則を誘ってマイボールで始めるスクラムでゴール近くまで押し込むなど一進一退の攻防を続ける粘りを見せたが、26分から舞鶴が連続でラックになりながらもボールをキープしてじりじりと攻め込み、最後はモールのまま押し込んで2トライ目。流れが舞鶴に傾いた。

 さらに東明は後半は開始早々、要である長野剛吉主将(3年)が負傷退場するアクシデントに見舞われた。焦りから浮足立ったところに舞鶴が一気に畳みかけ、7分にゴール前のラックから飛び出したフッカーの吉原拓哉選手(同)が、12分には敵陣5メートル付近のラインアウトからのボールを得たフランカーの那須大吉選手(同)が一気に走り込んでトライ。33分にもモールで押し込み、突き放した。

 東明は、フォワード陣が押し込む場面もみられたが、バックス陣にうまく展開できず、持ち味のスピードを生かし切れなかった。

 ▽決勝

大分東明 反則6

 0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

 T G P D  前 T G P D  後  計

 2 2 0 0 14 3 2 0 0 19 33

大分舞鶴 反則5

関連記事

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

試合結果

第一回戦
  • 日時

    会場

    対戦結果

  • 2017/10/22

    湯布院スポーツセンター

    日田高校

    35

    21-14
    14-5

    19

    合同(由布、臼杵、佐伯鶴城、竹田)

  • 2017/10/22

    湯布院スポーツセンター

    大分雄城台高校

    31

    14-0
    17-5

    5

    玖珠美山高校

準々決勝
  • 日時

    会場

    対戦結果

  • 2017/10/29

    湯布院スポーツセンター

    大分東明高校

    39

    25-0
    14-3

    3

    大分雄城台高校

  • 2017/10/29

    湯布院スポーツセンター

    大分工業高校

    46

    24-0
    22-10

    10

    日田高校

  • 2017/10/29

    湯布院スポーツセンター

    日本文理大学附属高校

    26

    7-3
    19-5

    8

    大分上野丘高校

  • 2017/10/29

    湯布院スポーツセンター

    大分舞鶴高校

    103

    42-0
    61-0

    0

    高田高校

準決勝
  • 日時

    会場

    対戦結果

  • 2017/11/05

    大分スポーツ公園

    大分舞鶴高校

    75

    33-0
    42-0

    0

    日本文理大学附属高校

  • 2017/11/05

    大分スポーツ公園

    大分東明高校

    64

    40-0
    24-0

    0

    大分工業高校

決勝戦
  • 日時

    会場

    対戦結果

  • 2017/11/12 13:05

    大分市営陸上競技場

    大分舞鶴高校

    33

    14-0
    19-0

    0

    大分東明高校