第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

キッカーの役割果たす 大阪桐蔭・江良楓

 ○東海大仰星27-20大阪桐蔭●(決勝・8日)

 大阪桐蔭のCTB江良楓がぬかるんだ芝の影響を受けず、2PG、2ゴールとキッカーとしての役割を果たした。後半8分には短い助走から右足を振り抜き、ゴール前10メートルのPGを決めてリードを10点に広げた。「自分のキックが勝ち負けを左右すると思った」と得点源として活躍したが、その後は見せ場を作れなかった。弟の颯は1年生ながらも決勝でベンチ入りしており、「僕らはあと一歩で敗れた。弟や後輩たちに日本一を取ってほしい」と夢を託した。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/8 18:57)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞