第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

8日決勝 東海大仰星と大阪桐蔭が激突

 第97回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の8日午後2時から東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、2大会ぶり5回目の頂点を狙う東海大仰星(大阪第2)と初優勝を目指す大阪桐蔭(大阪第1)が対戦する。啓光学園(現常翔啓光学園)が大阪工大高(現常翔学園)を破った第78回(1998年度)以来、19大会ぶりに大阪勢同士が決勝でぶつかる。東海大仰星は3大会連続7回目の決勝進出。大阪桐蔭は12回目の出場で初めて決勝に進んだ。花園で初めて顔を合わせる両校は7日、最終調整を行った。

 東海大仰星・湯浅大智監督 積み重ねてきたことを発揮するため、基本の徹底を意識したい。相手は縦、横どちらにも動ける。ハードワークが大事になると思う。

 大阪桐蔭・綾部正史監督 粘って防御するだけ。圧力をかけ、相手の攻撃の選択肢をなくしていきたい。決勝は初めて。選手はもう一ページ、新しい歴史を作ってほしい。

縦の突破目指す大阪桐蔭か 展開ラグビーの東海大仰星か

 FW中心に縦の突破を目指す大阪桐蔭に対し、東海大仰星はグラウンドの横幅を生かす展開ラグビーで勝負する。ともに防御は堅く、好機を確実にものにできるかが鍵になる。

 大阪桐蔭は主将のフランカー上山を中心に、FW戦から突破口を開きたい。今大会は先発メンバーを固定してきたが、4トライのWTB美登路が準決勝で右肩を負傷し、出場できるか微妙だ。

 東海大仰星は河瀬、西村の両WTBが計9トライを挙げている。準決勝で東福岡の攻撃をしのいだ組織的防御をベースに、ボールを動かしながら決定力のあるバックス陣につなぎたい。

 雨中の試合が予想され、ハンドリングなど細かなミスが流れを変える可能性もある。【村社拓信】

両チームの今大会のデータ

【東海大仰星】   【大阪桐蔭】

57-12熊本西  2回戦  57-14日川

27-27秋田工  3回戦  31-15目黒学院

50-20報徳学園 準々決勝 29-10国学院久我山

21-14東福岡  準決勝  12-7桐蔭学園

      <データ>      

  95.9キロ FW体重 95.9キロ

  38.8   得点   32.3

  18.3   失点   11.5   

   6.3   獲得トライ 5.3   

   2.8   失トライ  2.0   

   6.3   反則    6.0   

※東海大仰星の3回戦はトライ数差。FW体重は準決勝の先発8人の平均。得失点、トライ、反則は1試合平均

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/7 19:33)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞