第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「悔い残るが、やりきれた」桐蔭学園・原田

 ○大阪桐蔭12-7桐蔭学園●(準決勝・5日)

桐蔭学園フッカー・原田衛(3年)

 数メートル先のゴールラインが遠かった。12点を追う後半12分、相手の反則で敵陣5メートルライン付近からリスタート。タップキックで自ら持ち込もうとしたが、大阪桐蔭の防御網に阻まれた。「相手のプレッシャーが強かった」と悔しさをかみしめた。

 FW8人の合計体重で30キロ以上重い相手に、真っ向勝負を挑んだ。「相手のバックスは防御がうまい。自分たちの強みであるFWでコツコツ行った方がいいと思った」とFW戦にこだわり抜いた。

 しかし、最後まで相手の出足鋭い防御を破れずに「(準々決勝までは)FWで点を取れた試合が多かったので、焦ってしまった」と振り返った。

 初制覇した昨春の全国高校選抜大会に続く「2冠」を目指した戦いは、決勝を前に幕を閉じた。学校では理数科に在籍する文武両道の主将は「負けたことは悔いが残るが、やりきれたと思う」。最高の舞台で力を出し切り、涙はなかった。【村社拓信】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/5 20:30)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞