第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「ディフェンスの粘り勝ち」大阪桐蔭

 ○大阪桐蔭12-7桐蔭学園●(準決勝・5日)

 約8分に及んだロスタイムをしのぎ切った大阪桐蔭の選手たちが、歓喜のこぶしをつき上げた。「ディフェンスの粘り勝ち」という綾部監督の言葉に感慨がこもった。

 5点リードで後半30分を迎えたが、簡単には勝たせてもらえない。じりじりと前に出る桐蔭学園の攻撃をゴールラインを背負いながら食い止め、最後は密集で相手のノット・リリース・ザ・ボールの反則を誘って試合終了。レフェリーの笛が鳴った時、相手の仕掛けた連続攻撃は60回を超えていた。「ふらふらだった」とプロップ木村。それでも集中力を切らさずに粘り抜いた。

 互いに強力FWを誇るチーム同士。心掛けたのは、複数でのタックルだ。1人目が相手の足に低く飛び込み、2人目はボールを狙う。さらに3人目が相手のサポートプレーヤーにぶつかりに行く。2枚、3枚で畳み掛ける防御を最後まで貫き通した。「笑顔でしんどいことをするというテーマは忘れなかった」とフランカー奥井。厳しい練習で鍛え上げた精神力が、ぎりぎりの局面での冷静さにつながった。

 4大会前の準決勝で完敗した相手に雪辱し、初の決勝に進んでなお、主将のフランカー上山は「まだ歴史を変えている途中」と言い切る。全国の頂点をはっきりと見定めた。【長田舞子】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/5 20:26)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞