第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

第6日 決勝は大阪勢対決

 (5日・東大阪市花園ラグビー場)

 準決勝2試合があり、決勝は東海大仰星(大阪第2)-大阪桐蔭(大阪第1)の大阪勢対決に決まった。東海大仰星は前回決勝で敗れた東福岡に雪辱して大会通算50勝目を挙げ、3大会連続の決勝進出で2大会ぶり5回目の頂点を目指す。大阪桐蔭は昨春の全国選抜王者の桐蔭学園(神奈川)を破り、出場12回目で初の決勝進出。大阪勢同士の決勝は第78回(1998年度)の啓光学園(現常翔啓光学園)-大阪工大高(現常翔学園)以来で、それ以前では戦時中のため関西地区と九州地区に分かれて行われた第24回(41年度)の北野中(現北野)-天王寺中(現天王寺)がある。東海大仰星、大阪桐蔭ともBシードで、現行シード制でAシード校が決勝に進めないのは第82回(2002年度)以来。決勝は8日午後2時にキックオフされる。

第6日の結果◇

 ▽準決勝

東海大仰星 21-14 東福岡

大阪桐蔭  12-7  桐蔭学園

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/6 16:49)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞