第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

桐蔭学園、きょう準決勝 守備連係など確認 /神奈川

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)で県代表の桐蔭学園は4日、神戸製鋼灘浜グラウンド(神戸市東灘区)で準決勝に向けて2時間の調整を行った。準決勝は5日午後2時15分から、Bシードの大阪桐蔭(大阪第1)と対戦する。

 この日はフォワードとバックスに分かれてラインアウトやディフェンスを確認したほか、雨天が予想される天候を考慮して水でぬらしたボールでパスの練習などもした。

 藤原秀之監督は「大阪桐蔭はフォワードが強力。セットプレーからの得点が得意でミスが少ない印象」と話し、原田衛主将(3年)は「フォワードに前に行かせないことが重要。一戦一戦、全力で戦いたい」と意気込んだ。【中村紬葵】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/5 12:18)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞