第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

4強最後のイスは大阪桐蔭 4大会ぶり

 第97回全国高校ラグビー大会は大会第5日の3日、東大阪市花園ラグビー場で、ベスト4をかけて準々決勝4試合が行われた。

 第4試合は、大阪桐蔭(大阪第1)が国学院久我山(東京第2)を29-10で降し、4大会ぶりの準決勝進出を決めた。

 大阪桐蔭は前半1分、WTB美登路のトライで先制。前半に2トライ、後半に3トライを挙げて国学院久我山との差をじわじわと広げ、快勝した。

 試合終了後に準決勝(5日)の組み合わせ抽選が行われ、対戦カードが決まった。準決勝第1試合は、連覇を狙う東福岡(福岡)と、2年ぶりの優勝を狙う東海大仰星(大阪第2)。第2試合は大阪桐蔭(大阪第1)と桐蔭学園(神奈川)の桐蔭対決と決まった。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/3 16:37)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞