第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

航空石川、報徳、東海大仰星など8強入り

 第97回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第4日の1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦8試合があり、8強が出そろった。

 日本航空石川は石見智翠館(島根)に快勝し、石川県勢では初、北信越勢としても第57回大会(1977年度)の新潟工以来、40大会ぶりの準々決勝進出。報徳学園(兵庫)は中部大春日丘(愛知)を破り、同じくノーシードだった第94回以来の8強入り。2大会ぶりの優勝を狙う東海大仰星(大阪第2)はトライ数で同点の秋田工を上回り準々決勝に進んだ。国学院久我山(東京第2)は史上4校目の大会通算90勝を挙げた。東福岡は12大会連続のベスト8。

 試合終了後に準々決勝(3日)の組み合わせ抽選が行われ、対戦カードが決まった。

 ▽10時半 桐蔭学園(神奈川)-京都成章(京都)

 ▽11時55分 日本航空石川(石川)-東福岡(福岡)

 ▽13時20分 東海大仰星(大阪第2)-報徳学園(兵庫)

 ▽14時45分 大阪桐蔭(大阪第1)-国学院久我山(東京第2)

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/1 20:07)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞