第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

京都成章と桐蔭が8強進出

 第97回全国高校ラグビー大会は大会第4日の1日、東大阪市花園ラグビー場で、ベスト8をかけて3回戦8試合。

 第1グラウンド第1試合の京都成章(京都)と流通経大柏(千葉)の対戦は、前半16分、ラックから展開した京都成章がボールをつなぎ、最後はCTB南部が右隅にトライを決めて先制。両校のディフェンスが互いに得点を許さず、これが決勝点となって、Aシードの京都成章が5-0の僅差で勝ってベスト8にコマを進めた。

 第3グラウンド第1試合の桐蔭学園(神奈川)と尾道(広島)の試合は、尾道が前半2分にトライとゴールで先制したが、Aシードの桐蔭学園が6トライで40点を奪って40-7で快勝した。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/1/1 12:36)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞