第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

佐賀工バックス陣充実、零封勝ち

 ○佐賀工73-0東洋大翔洋●(30日)

 佐賀工のバックス陣が攻防両面で役割を果たした。前半1分にSO仲西が右サイドを突破して先制トライを挙げると、2分後には相手陣22メートルのラックからWTB坂井がトライ。防御でも高校日本代表候補のCTB小柳を中心に東洋大翔洋の突破を許さずに零封勝ちした。仁位監督は「センター陣がよく頑張ってくれた」とたたえた。伝統の重量FWに加えてバックス陣も充実し、6大会ぶりにシード権を得て臨む今大会。主将のフランカー松田は「必ず8強以上に行くという使命感がある」と力強かった。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/30 22:43)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞