第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

京都成章が地力見せつける

 ○京都成章54-0黒沢尻工●(30日)

 初のAシードで臨んだ京都成章が地力の差を見せつけた。試合開始わずか1分で黒沢尻工陣5メートルのラックからつないで最後はフッカー相根が先制トライ。前半15分には相手陣15メートルのスクラムから右に展開し、最後はWTB堀田が決めた。その後も各選手が相手のタックルを巧みなステップでかわし、速いパス回しで圧倒。前後半に各4トライを奪い、黒沢尻工につけ入るすきを与えなかった。快勝スタートにも主将のSO押川は「緊張もあって細かいところが突き詰められていない」と気を引き締めていた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/30 21:46)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞