第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

尾道38-0若狭東

第3日(30日・東大阪市花園ラグビー場)

若狭東(福井) 反3

 0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

 T G P D  前 T G P D  後  計

 3 2 0 0 19 3 2 0 0 19 38

尾道(広島) 反6

 ▽主審=久米村貴三

鉄壁尾道、2戦連続零封

 尾道の積極的な防御が本領を発揮した。7-0の前半17分。相手陣22メートルライン付近で出足の速いタックルを次々と決め、若狭東の苦し紛れのパントキックをSH新和田がインターセプトし、そのままトライ。「スペースが空いていたので球が来るだろうと思った」と会心の表情で振り返った。後半12分には相手キックをブロックしたCTB石田が、そのままボールを拾って40メートルの独走トライを決めた。「前に出てプレッシャーをかけることができている」と新和田。2試合連続無失点と鉄壁を誇っている。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/31 15:41)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞