第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

大阪桐蔭57-14日川

第3日(30日・東大阪市花園ラグビー場)

日川(山梨) 反4

 1 1 0 0  7 1 1 0 0  7 14

 T G P D  前 T G P D  後  計

 5 4 0 0 33 4 2 0 0 24 57

大阪桐蔭(大阪第1) 反6

 ▽主審=山口明良

大阪桐蔭貫いた

 大阪桐蔭は相手タックルをものともしないボール運びでリズムを作った。前半4分に突破力のあるCTB松山千が右サイドで相手を引きつけ、フリーのWTB宮宗が先制トライ。追いつかれた直後の同9分には、相手のハイパントを受けたSO高本が左サイドを駆け上がり、最後はフッカー中川が相手のタックルをはねのけてインゴールに飛び込んだ。その後もボールを保持して着実に加点。綾部監督は「初戦の入りは難しいが、ボールを持って運ぶなど自分たちのラグビーを貫けた」と満足そうだった。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/31 15:41)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞