第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

舞鶴、シード校の壁高く 愛知代表に5-38 最後まで諦めず /大分

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の3日目の30日、東大阪市花園ラグビー場で県代表・大分舞鶴が2回戦で、Bシードの愛知代表・中部大春日丘に挑み、5-38で敗れた。シード校の壁は高かったが、最後までボールに食らついて諦めない選手の姿に、スタンドからは温かい拍手が送られた。【尾形有菜、数野智史】

 前半6分までに2トライを許し、ワンサイドゲームになりかけたが、踏みとどまった。徐々にボール支配率を高め、9分にこの試合初めてのマイボールでラインアウトを獲得。これを起点にじりじりと相手陣に攻め入り、ゴール前5メートルからモールで押し込むと、ボールをつかんだプロップの丸田晶大選手(3年)が右中間にトライを決めた。父隆安さん(54)は「大舞台でトライを決めてくれてうれしい。まだまだチームを引っ張って」と声援を送った。

 しかし、流れをつかみかけた21分、プレー再開を妨害したとして舞鶴にイエローカードが出され、ウイングの工藤光平選手(2年)が7分間の退場となった。数的優位に立った相手にトライを奪われ、悪い流れを断ち切れないまま差は広がり、前半で5-26。井上光選手(2年)の父で、応援団「大分舞鶴黒衣軍団」団長を務める勲さん(54)は「まだまだ負けていない」と選手さながらに闘志を燃やした。

 後半に入っても、相手バックスに翻弄(ほんろう)され、勢いをなかなか止められない舞鶴。8分にハーフライン付近のモールからパスを受けたフルバックの松島聡(2年)、ウイングの三重野和希(3年)両選手の連係でゴール前まで運ぶなど、好機を作るもトライに結びつかず、目標のベスト8入りは後輩に託された。

 松島選手は「この試合の反省を生かしてミスを減らし、自分たちの力を出し切れるようになりたい。8強入りを達成できるチームになってみせる」とリベンジを誓った。

大分舞鶴 反8

 1 0 0 0  5 0 0 0 0  0  5

 T G P D  前 T G P D  後  計

 4 3 0 0 26 2 1 0 0 12 38

中部大春日丘 反6

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/31 14:37)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞