第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

日川「正月越え」ならず 強豪相手に終盤一矢 /山梨

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)の2回戦が30日、東大阪市花園ラグビー場であり、県代表の日川はBシードの大阪桐蔭(大阪第1代表)に14-57で敗れた。前後半でそれぞれ見せ場は作ったが、体格で勝る相手に屈し、目標の「正月越え」はならなかった。【竹田直人】

 ▽2回戦

日川 反4

 1 1 0 0  7 1 1 0 0  7 14

 T G P D  前 T G P D  後  計

 5 4 0 0 33 4 2 0 0 24 57

大阪桐蔭 反6

 前半、先制された直後のキックオフ。スタンドオフ飯沼蓮主将(3年)が意表を突く低い弾道のキックを放って相手のミスを誘い、敵陣深くでマイボールスクラムのチャンスを得た。

 この場面で、日川は練習で積み重ねてきたサインプレーを選択した。ハーフ団が左サイドに持ち出し、おとりを挟んでボールを受け取った右ウイングの青野大星選手(3年)が相手のディフェンスラインを切り裂いた。青野選手は「狙った通りのプレーで、大阪桐蔭とも互角に戦えると思えた」と振り返った。

 しかし、平均体重で10キロ近く重い相手FWの圧力を受け、強化してきたはずのディフェンスを次々突破された。点差は広がり、前半だけで5トライを奪われた。

 後半も自陣くぎ付けとなり防戦一方の展開だったが、試合終了間際に一矢報いた。敵陣で相手ボールスクラムをターンオーバーすると、FWがフェーズを重ね、最後は後半途中から出場したプロップ会田尊選手(3年)が倒れ込みながらインゴールを突破。意地のトライを決め、ノーサイドの笛が鳴った。

 県大会で調子を崩してリザーブに回っていた会田選手は「憧れの花園で最後のトライを取れた自分は幸せ者です」と話した。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/31 12:51)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞