第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

初戦へ戦術確認 石見智翠館、きょう常翔学園と /島根

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)に出場する県代表のBシード・石見智翠館は30日、東大阪市花園ラグビー場で、常翔学園(大阪)との初戦に臨む。選手たちは29日、東大阪市内で最終調整した。常翔学園を想定し、サインプレーなどを念入りに確認した。

 常翔学園は花園優勝5回を誇る強豪だ。選手たちは、相手の試合を映像で確認。力のあるフォワードに対抗するため、ラインアウトやモールなど得点につなげる戦術を約3時間チェックした。

 斎藤龍夜主将(3年)は「負ける気がしない。フォワード戦でしっかり勝ちきりたい」と力を込める。初戦は30日午前10時45分から。【長宗拓弥】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/30 14:18)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞