第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

茗渓学園 競り合い制す

全国高校ラグビー(28日)

 ○茗渓学園27-14松山聖陵●

 茗渓学園が競り合いを制した。序盤は松山聖陵の密集からの攻撃に苦しみ、前半8分に先制された。だがSO堀尾を軸に、バックス陣で連続トライを奪って前半のうちに逆転。後半も一時は3点差に迫られたが、26分にSH諸藤から堀尾につなぎ、最後はCTB大芦のトライで突き放した。高橋監督は「相手のFWに時間を使われて苦戦した」と振り返った。堀尾は苦しんだ試合を振り返り「ミスを減らし、相手に流れを渡してしまうプレーはなくさないといけない」と気を引き締めていた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 21:45)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞