第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

明和県央 重量FWで優位に

全国高校ラグビー(28日)

 ○明和県央67-7コザ●

 明和県央は平均体重で10キロ上回るFW戦で優位に立ち、リズムをつかんだ。前半4分に5メートルスクラムからNO8原田がボールを持ち出してゴール直前に迫り、最後は主将のロック中野が先制のトライ。2年生のWTB高橋が2トライを挙げるなどバックス陣もトライを重ね、成田監督は「1対1で優勢になり、FWが相手をまとめてバックスと連係できた」と振り返った。ただ、終盤はコザの懸命の反撃に押し込まれ、終了間際にはトライを許した。中野は「受けに回ってしまった。防御を整理したい」と課題を挙げた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 21:43)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞