第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

若狭東66-0山形南 若狭東、展開の力 県勢最多66得点

第2日(28日・東大阪市花園ラグビー場)

山形南(山形) 反10

 0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

 T G P D  前 T G P D  後  計

 5 4 0 0 33 5 4 0 0 33 66

若狭東(福井) 反3

 ▽主審=石崎寛教

 若狭東が展開ラグビーで圧倒した。前半3分、中央のラックから左へつなぎ、SO瀬野が左隅にトライ。これで勢いに乗り、敵陣深くでのインターセプトからトライにつなげるなど同13分までに19点を奪い、試合の流れを決めた。FWの平均身長が170センチに満たないことから運動量で上回る戦略を実践。福井県勢として最多となる66得点で5大会ぶりの白星をつかんだ。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/29 16:29)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞