第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

尾道57-0岐阜工 岐阜工零敗 尾道、出足の防御

第2日(28日・東大阪市花園ラグビー場)

岐阜工(岐阜) 反6

0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

T G P D  前 T G P D  後  計

4 2 0 0 24 5 4 0 0 33 57

尾道(広島) 反6

 ▽主審=加古大樹

 尾道が出足の素早い防御を見せた。密集のサイドを固めながら圧力をかけ、岐阜工バックスの手にボールが届くのと同時に膝元にタックルを見舞う。岐阜工が独走する場面はほとんどなかった。攻撃では、ターンオーバーからFWが軽やかに抜け出し、前半だけで4トライを挙げた。零封での大勝にも主将のフランカー藤原創は「得点は与えなかったが、もっと止められた」。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/29 16:29)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞