第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

中標津、奮闘及ばず 道勢敗退 意地の2トライ /北海道

 東大阪市花園ラグビー場で開催されている第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で28日、3年ぶり8回目の出場となった北北海道代表の中標津が土佐塾(高知)との1回戦に臨んだ。序盤から素早い展開で攻められ、2トライを奪う奮闘を見せたが10-45で敗れた。道勢は南北代表とも初戦敗退となった。【澤俊太郎】

 中標津は序盤、体格の良さを生かして積極的に前に出ようとするが、素早く密集する相手の堅実なディフェンスを突破することができない。逆に前半4分、左ラックから攻め込まれトライを許すと、勢いに乗った相手に2連続トライを奪われた。

 中標津も懸命に反撃。相手のゴール前まで攻め込んでSHの板橋(3年)から左に素早く展開し、前半22分にFBの鎌田(同)が相手の隙(すき)をついて抜け出し左隅にトライを決めた。「前が空いていて、自分が突っ込むしかなかった」という。

 後半開始直後には、ラインアウトからモールで攻め込み、「皆が相手のディフェンスをこじ開けてくれた」とLOの瀬野(同)が二つ目のトライ。だが相手の展開力にディフェンスがついていけず、パスミスなどで攻撃も続かずに差を広げられた。

女子部員も応援

 ○…中標津の女子部員、佐藤真琴さん(3年)は、ベンチから選手たちを鼓舞し続けた。中学3年のとき、中標津の応援に行った花園で女子選手のエキシビションゲームを見て魅了され、友人を誘って入部。男子と共に練習を重ね、今年3月にはニュージーランドへのラグビー留学もした。誕生日翌日のこの日、チームは初戦突破を果たせなかったが「みんなよく頑張った。花園で応援できたことが最高の誕生日プレゼント」と赤くなった目を拭って笑顔を見せた。青森の大学に進学が決まっており、ラグビーも続けるという。

 ▽1回戦

中標津 反2

 1 0 0 0 5 1 0 0 0  5 10

 T G P D 前 T G P D  後  計

 4 3 0 026 3 2 0 0 19 45

土佐塾 反2

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/29 12:11)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞