第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

大分舞鶴、初戦へ闘志 きょう三重・朝明と対戦 /大分

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。32年連続56回目の出場となる県代表の大分舞鶴の選手らは開会式で堂々と入場行進。高校生ラガーマンの「聖地」を踏みしめ、初戦に向けて気持ちを高めた。舞鶴は28日午前11時15分、花園第1グラウンドで三重代表の朝明(6年連続8回目)と対戦する。

 大会には全国の予選を勝ち抜いた51校が出場する。舞鶴ラグビー部は開会式に上下黒色の伝統のジャージーに身を包んで登場。けがで出場できなかった同部の福井稜さん(3年)がプラカードを持ち、選手たちを先導した。

 開会式後は、大阪商業大学のグラウンドで軽めの練習を行い、1回戦に向けて最終調整をした。堀尾大輔監督(45)は「12月に入ってから、けが人も回復し、今まで以上にレベルが上がっている。選手も自分たちの調子が上向きだと実感しており、初戦はいい戦いができそうだ」と手応えを感じていた。【尾形有菜】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 15:26)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞