第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

長崎南山 1回戦、逆転突破 /長崎

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕した第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)で、県代表の長崎南山は同日の1回戦で新潟工(新潟)と対戦した。長崎南山は新潟工に先制を許したが、その後計4トライを挙げ、29-5で逆転勝利した。2回戦は30日午後2時半キックオフで、目黒学院(東京第1)と対戦する。【横田伸治】

 長崎南山は序盤、敵陣への切り込みが新潟工の堅守に阻まれた。前半18分には新潟工FWのモールに押し込まれて先制のトライを許した。だが直後に敵陣ゴール前でのモールからSH竹ノ内駿太選手(3年)が飛び込んでトライ。ゴールも成功させ7-5で前半を折り返した。

 風上に立った後半はバックスが機動力、FWが当たりの強さを発揮して流れをつかんだ。後半5分、スクラムから左に竹ノ内選手、右CTB中村優作選手(同)とつないで左中間にトライ。右フランカーの大澤蓮主将(同)は「風が強く、トライを狙っていたこともあり、ラインアウトではなくスクラムを選択した」と振り返った。

 竹ノ内選手は後半21分、同29分にも「トライまでの道筋が見えていた」と軽快なステップで相手をかわすなどして立て続けにトライを決めた。城野昌和監督が「今年一番成長した選手」と期待を寄せる中、3トライの大活躍で勝利に貢献した。

 ▽1回戦

新潟工 反5

  1 0 0 0 5 0 0 0 0  0  5

  T G P D 前 T G P D  後  計

  1 1 0 0 7 3 2 0 1 22 29

長崎南山 反7

〔長崎版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 15:17)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞