第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 土佐塾、堂々と行進 きょう北北海道・中標津戦 /高知

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。6年連続17回目出場となる県代表・土佐塾の選手らは、ユニホーム姿で堂々と入場。同校は28日午前11時20分、中標津(なかしべつ)(北北海道)と対戦する。

 開会式で土佐塾の選手たちは、校名のプラカードを持った柳一駿(ちはや)選手(1年)を先頭に入場。多くの観衆が見守る中、花園のグラウンドを力強く踏みしめた。

 開会式の後、吉松直輝主将(3年)は「他校と開会式で並び、気が引き締まった」と話し、西村保久監督は「いよいよだ。ここまで来たらやるしかない」と意気込んだ。【松原由佳】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 14:45)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞