第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 尾道、力強く行進 初戦へ高ぶる闘志 きょう岐阜工と /広島

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。県代表の尾道(11年連続12回目)は、開会式で堂々と行進し、28日の初戦に向けて気持ちを高めた。

 青色のファーストジャージー姿の選手たちは、県予選の優勝旗を持った藤原創主将(3年)に続き、力強くグラウンドを踏みしめた。藤原主将は「強豪校の選手たちの引き締まった表情を見て、良い意味で緊張感が増してきた。守備からリズムを作る自分たちのラグビーをして、一戦ずつレベルアップして勝ち上がりたい」と力を込めた。開会式後、選手たちは東大阪市内のグラウンドで約1時間、汗を流した。1回戦は28日午後1時55分、第1グラウンドで岐阜代表の岐阜工(7年ぶり18回目)と戦う。【真下信幸】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 14:14)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞