第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 京都成章、力強く行進 30日、岩手・黒沢尻工と初戦 /京都

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、全国高体連、毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。第1グラウンドで行われた開会式に臨んだ京都成章の選手たちは、鮮やかな緑色の芝生を力強く踏みしめながら入場行進し、頂点を目指していく熱い戦いに向け、気持ちを高めていた。

 勢ぞろいした全国の代表校のジャージーを目の当たりにし、WTBの堀田礼恩選手(3年)は「相手をリスペクトした上で圧倒できるよう、しっかりと準備をしていきたい。初戦から全力を出す」と気合を入れた。CTB塩谷大稀選手(3年)は「体調は万全。縦に切り込む自分らしいラグビーで相手をかき回したい」と抱負を語った。

 湯浅泰正監督(53)は「何度来ても素晴らしい場所。この芝生を見ると気が引き締まる」と感慨深そうだった。

 4年連続10回目出場でAシードの京都成章は、30日午後3時15分から第3グラウンドである2回戦で、山口(山口)を36-14で破った黒沢尻工(岩手)と対戦する。【礒野健一】

〔京都版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 15:11)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞