第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 八幡工、力強く入場 きょう埼玉・昌平と初戦 /滋賀

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕し、7年ぶり26回目出場の県代表・八幡工の選手らは青と黒のユニホーム姿で堂々と入場した。28日午後2時からの1回戦で初出場の昌平(埼玉)と対戦する。

 開会式で八幡工の選手たちは、校名のプラカードを持った杉本大輔選手(1年)を先頭に入場。多くの観衆が見守る中、花園のグラウンドを力強く踏みしめた。

 開会式の後、狭川剛主将(3年)は「八幡工らしく、ディフェンスとFWの粘りを発揮したい。しんどい展開になってもラグビーを楽しみたい」と話した。小宮山彰人監督(45)は「こういう舞台で試合ができるという喜びと感謝で胸が熱くなった。試合は最初から全力でいく」と意気込んだ。【小西雄介】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 15:17)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞