第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 闘志胸に堂々の行進 中部大春日丘・30日初戦 主将「絶対勝ちます」 /愛知

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。5大会連続7回目出場となる県代表の中部大春日丘(春日井市)の選手らは、開会式で花園の芝生を踏みしめた。

 開会式では、県大会の優勝旗を手にした東崎公一主将(3年)を先頭に、オレンジ色のユニホームに身を包んだ選手らが堂々と行進した。グラウンドで見守った宮地真監督は「ついに本番だと感じた。選手も気持ちが高まってきているし、今年の行進はきれいにそろったね」と笑顔を見せた。東崎主将は「いよいよ花園だと改めて気持ちが引き締まった。(強豪校ぞろいの)Aシードのチームの空気も感じられた。まずは初戦、絶対に勝ちます」と意気込んだ。

 Bシードの中部大春日丘は30日午後1時15分からの2回戦で、大分舞鶴(大分)-朝明(三重)の勝者との初戦に臨む。【横田伸治】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 11:41)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞