第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 明和県央「万全で」 きょう初戦 /群馬

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。2年ぶり7回目の出場となる県代表・明和県央の選手たちは、花園のグラウンドを力強く踏みしめた。28日午後0時40分にコザ(沖縄)と対戦する。

 明和県央の選手たちは、校名のプラカードを持った同校ラグビー部マネジャーの小倉花歩さん(3年)を先頭に入場した。開会式後、中野陽介主将(3年)は「相手チームはバックスにいい選手がいる。自分たちの展開ラグビーで初戦を突破したい」と抱負を語った。1年生の時に花園に出場した斉藤拓也副主将(3年)は「2年ぶりの花園。やっと帰ってきた。いつも通り、過信せずに戦いたい」と意気込んだ。成田仁監督は「入場行進を終え、選手の気持ちも高まった。けが人もなく、万全な状態で試合に臨む」と話した。【神内亜実】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 12:03)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞