第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 「目標は4強入り」 きょう初戦、茗渓選手が堂々行進 /茨城

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会など主催)は27日、東大阪市花園ラグビー場で開会式があり、出場51校が堂々と行進した。

 6年連続23回目の出場となる茗渓学園の選手たちは、県予選優勝旗を持った米沢豪真(ごうしん)主将(3年)を先頭に、両腕を大きく振って元気よく行進した。

 開会式後、米沢主将は「目標の4強入りに向け、しっかり初戦を勝って流れに乗りたい」と意気込んだ。高橋健監督(53)は「この舞台でも緊張せず、いつも通りのプレーができれば前回の16強は超えられる」と話した。

 その後、チームは大阪府立摂津高(同府摂津市学園町1)に移動。初戦に向けて約2時間練習した。

 茗渓は大会第2日の28日、第2グラウンドの第4試合(午後2時試合開始)で松山聖陵(愛媛)と1回戦を戦う。【川崎健】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 11:34)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞