第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

黒沢尻工が初戦突破 前半からトライを重ね /岩手

 東大阪市花園ラグビー場で27日開幕した第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で、県代表の黒沢尻工は開会式後の1回戦で山口(山口)と対戦。前半からトライを重ねて36-14で快勝し、2大会ぶりに初戦を突破した。次戦は30日午後3時15分、Aシードの京都成章(京都)と対戦する。【佐野格】

山口 反2

 1 1 0 0  7 1 1 0 0  7 14

 T G P D  前 T G P D  後  計

 3 0 0 0 15 3 3 0 0 21 36

黒沢尻工 反7

 前半2分、早くも試合が動く。相手の隙(すき)を見抜き、ハーフウエーライン付近のラインアウトを素早くクイックスローで再開。BK陣がパスでつなぎ、WTB阿部了選手(3年)がトライを決める。

 その後は攻め込まれる苦しい時間が続く。それでも15分、ゴールライン手前で相手ボールのスクラムをターンオーバーし、NO8根子叶多(ねこかなた)選手(2年)がトライ。20分にトライを奪われるも23分に、ラインアウト後のモールからパスをつなぎ、再び阿部了選手が「ライン際を駆け抜けるのが得意」と狙い通りのプレーで相手守備陣を突破し、トライを決める。スタンドの母真由美さん(53)は「一生懸命頑張っていたのでうれしい。後半も頑張ってほしい」と声援を送った。

 後半も黒沢尻工の攻撃の手は緩まない。9分にラックから右へ展開し、WTB大城北斗選手(3年)がトライ。15分にはCTB阿部竜二主将(3年)がインターセプトに成功すると、そのまま中央へトライし、突き放した。更に21分、阿部了選手がこの日3本目となるトライで試合を決めた。

 2回戦の相手は今春の全国高校選抜大会で完敗した京都成章。阿部竜主将は「花園でリベンジすることが目標だった。課題を修正して次の試合に生かしたい」と気を引き締めた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 10:52)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞