第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

開会式 青森北、堂々と行進 きょう熊本西と「まずは初戦突破」 /青森

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で始まった。この日の開会式で、7年連続19回目の出場となる県代表の青森北は堂々と入場行進した。チームは大会2日目の28日午前11時20分から熊本代表の熊本西(6年ぶり10回目)と対戦する。

 青森北の選手たちは、校名のプラカードを持ったマネジャーの浜谷音々さん(3年)を先頭に、伝統の赤と黒のユニホーム姿で花園のグラウンドを力強く踏みしめた。

 開会式後、鈴木裕哉主将(3年)は「全員でラグビー場を行進し、みんなの気持ちが入っている。まずは初戦を突破し、2回戦の壁を越える」と意気込んだ。長谷川均監督は「勝つために、実践練習を積み上げてきた。熊本西のモールを崩していく」と話した。【岩崎歩】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/28 10:46)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞