第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

頂点目指し51校が熱戦 花園で開幕

 高校ラグビー日本一を決める第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。全国の予選を勝ち上がった51校が、2019年のワールドカップ(W杯)に向けて改修が進む高校ラグビーの聖地で熱戦を繰り広げる。決勝は来年1月8日。

 開会式では選手らが入場行進し、前回優勝の東福岡が大優勝旗「飛球の旗」を斉藤善也・毎日新聞大阪本社代表に返還。その後、山形南の伊藤大瑛(ひろあき)主将(3年)が選手を代表して力強く宣誓した。【畠山哲郎】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/27 10:35)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞