第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

託された思い、力に 和歌山工、保護者ら寄せ書き /和歌山

 27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に出場する和歌山工の選手らが26日、大会期間中宿泊する奈良市へ向け、和歌山市西浜3の同校を出発した。見送りに集まった保護者らから応援の寄せ書きが、松田武主将(3年)に手渡された。試合当日、スタンドに飾るという。

 「絆の会」会長の松田悟さん(45)は「(試合まで)残り2日間、時間を大切にして試合に備えてほしい」と激励。松田主将は「目標の3回戦進出を果たせるよう、応援を胸にしっかり戦ってきます」と力強く話した。

 和歌山工は大会第2日の28日、午後0時40分から第3グラウンドで郡山北工(福島)と対戦する。【木原真希】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/27 13:48)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞