第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「花園1勝」誓う 高松北、27日に初戦 壮行会 /香川

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビーフットボール協会、毎日新聞社など主催)に県代表として出場する高松北の壮行会が22日、高松市牟礼町牟礼の同校であった。選手たちは全校生徒を前に悲願の「花園1勝」を誓った。

 高松北中を含めて全校生徒約1000人が参加。4大会連続12回目出場のラグビー部員らは吹奏楽部の演奏に合わせて体育館に入場。岩田紘輝主将(3年)が「目標は全国での1勝。日ごろお世話になっている家族や友達への感謝の気持ちを忘れず、大暴れしてきます」と決意を語った。これに対し、竹田忠弘校長は「まず1トライ、そして本校初勝利をもぎ取ってほしい。心の底から期待している。頑張れ」と激励した。

 高松北は大会初日の第2試合(27日午後1時20分開始予定)で、5大会ぶり10回目出場の東海大翔洋(静岡)と対戦する。

 壮行会の後には終業式があり、生徒は23日から冬休みに入る。竹田校長は「2017年がもうすぐ終わります。来年も勉強や部活など何事にも全力で頑張る年にしてください」と訓示した。【潟見雄大】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/23 14:45)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞