第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

米と肉食べトライを JAさが、佐賀工に地元産品贈呈 /佐賀

 27日開幕の第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に出場する佐賀工に21日、JAさがが県産のもち米や佐賀牛を贈呈した。

 JAさがは佐賀市の佐賀工で、佐賀牛5キロと豚肉5キロの目録と、「さがびより」や「佐賀よかもち」130キロを贈った。JAさがの大隈博義常務理事は「農業者が一生懸命作ったおいしい米と肉を食べて頑張って」と激励。松田晃汰主将は「佐賀の方が作ってくれた肉や米をエネルギーに変え、しっかり結果を残したい」と答えた。

 もち米は部の餅つき大会で使われ、肉は奈良市の宿舎に送られる。選手らは25日に出発し、30日に高松北(香川)と東海大翔洋(静岡)の勝者と対戦する。【池田美欧】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/22 15:13)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞