第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

尾道、市長に健闘誓う 「勝てる作戦立てて」激励 /広島

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)に出場する尾道の選手15人が13日、尾道市役所に平谷祐宏市長を訪ね、健闘を誓った。平谷市長は「勝てる作戦を立てて、花園を楽しんで」と激励した。

 倉岡治輝副将(3年)は報道陣に「走り勝って優勝したい」と意気込みを話した。選手らは17日、御袖天満宮(尾道市長江1)で必勝と安全を祈願する。

 大会は27日、大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開幕。尾道は28日午後1時55分からの1回戦で岐阜工(岐阜)と対戦する。

 尾道の初戦に合わせ、おのみちバスは28日、応援バスを運行する。午前9時にJR尾道駅前と尾道高校三美園グラウンドを出発。東大阪市花園ラグビー場で応援後、午後9時ごろ出発地に戻る。参加費(弁当付き)は一般2000円、高校生以下1000円。申し込みは22日までに、おのみちバス(0848・46・4303)。【渕脇直樹】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/15 15:39)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞