第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

御所実、全国大会へ気迫 御所・地元イベントで /奈良

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に出場する御所実の指導者やOBらが10日、学校の地元・御所市で開かれた「ラグビートークショー」に参加し、「御所実ラグビー」の魅力などを語った。現役部員約90人はニュージーランド代表が試合前に踊ることで知られる「ハカ」を披露し、2年連続11回目の出場となる大会へ気迫をみなぎらせた。

 同日開かれたイベント「Go-Say(ごせ)ラグビーマルシェ~にぎわい市場」(同市主催)の一環。東川裕市長や御所実の竹田寛行監督、OBの元主将でラグビー・トップリーグの選手2人ら9人が登場した。

 竹田監督は、21-19で天理に逆転勝ちした今年の県大会決勝について、「3年生が最後にきちっとやってくれたことがうれしい」。コーチらは「12月30日(の初戦)から厳しい戦いが始まる」などと気を引き締めた。

 第92回大会準優勝時の主将でトヨタ自動車の竹井勇二選手は「みんなで何かをすることが多かった。先生との距離が近く、一体感のあるチーム」と高校時代を振り返った。【藤原弘】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/12 15:34)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞