第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

明和県央選手、8強入り誓う 県庁訪問 /群馬

 27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に県代表として出場する明和県央の選手たちが7日、県庁を表敬訪問し、8強入りを目指すことを誓った。

 明和県央は2年ぶり7回目の出場。2年前、1年生ながら花園の舞台を踏んだ中野陽介主将(3年)は「昨年、花園出場を果たせなかった悔しさを晴らしたい。目標は『シード校撃破』と『花園ベスト8』」と抱負を語った。

 荻沢滋副知事は「県代表のみなさんには、残りの一日一日を大切に準備してほしい」と激励した。【神内亜実】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/8 13:08)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞