第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「正月まで花園に」 函館ラサール、市役所を訪問 /北海道

 東大阪市花園ラグビー場で開かれる第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)に南北海道代表として出場する函館ラサールの選手らが7日、函館市役所を表敬訪問した。2大会ぶり2回目の花園で、初日の27日に強豪・鹿児島実と対戦する。

 この日は荒木竜平監督と鞠子(まりこ)太一主将(17)、比米(ひめ)良太選手(17)らが市長室を訪問した。同高でラグビー部の前身のラグビー同好会員だった工藤寿樹市長は花園進出について「本当にうれしい。勝っても負けても全力で暴れて」と激励。鞠子主将は「対戦が楽しみ。正月(1日の3回戦)まで花園にいたい」と必勝を誓った。

 同校は12日まで試験に伴い練習を控えているが、荒木監督は「積み重ねてきたことをやるだけ」と述べる一方、「1教科でも落とせば出場させない」と付け加え、選手たちを苦笑させていた。【山田泰雄】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/8 11:36)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞