全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

南北道大会 4強出そろう 昨年、準Vの北見北斗など /北海道

(2017/9/22 10:31)

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)への出場を懸けた第70回道南・北選手権大会は21日、小樽市望洋サッカー・ラグビー場で1回戦4試合を行い、南北それぞれ4強が出そろった。北大会では昨年、準優勝した北見北斗が遠軽を降し、中標津が旭川工に快勝した。南大会では芦別が函館合同チームを制し、函館ラサールが札幌厚別に大勝した。22日は同じ会場で、南北それぞれ準決勝2試合が行われる。決勝の日程は再検討していたが、予定通り23日に実施することが決まった。【源馬のぞみ】

後半の守備反省

 ○…中標津が昨年の北大会王者・旭川工を破った。漆原主将(3年)は「うれしい」と笑顔を見せつつ、「後半は疲れが目立ってペナルティーでの失点が続いた」と反省。前半に平均体重が90キロ台というフォワード陣を中心に積極的な攻撃を展開したが、後半は守備への切り替えがスムーズにできなかったという。準決勝は昨年、同じ準決勝で敗れた北見北斗と対戦する。「相手の弱点を探し、タックルして走り勝つ伝統のプレーがしたい」と表情を引き締めた。

南北海道大会

 ▽1回戦

芦別     62-14 函館合同

函館ラサール 82-19 札幌厚別

北北海道大会

北見北斗 36-7  遠軽

中標津  76-24 旭川工

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。