全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

東福岡「3冠」の笑顔 博多でV報告 来季へ更なる飛躍を誓う /福岡

(2017/1/9 16:12)

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で2年ぶり6回目の優勝を果たした県代表の東福岡の選手らが8日、福岡市のJR博多駅前で全国制覇を報告した。晴れやかな笑顔で、来季に向けた更なる飛躍を誓った。

 選手ら約40人は駅前に集まった多くの観衆の拍手に迎えられた。箸本(はしもと)龍雅主将(3年)は「準々決勝から苦しい試合が続いたが、応援のおかげで優勝することができた。来年は今年より強いチームができると思うので、これからもよろしくお願いします」とあいさつした。藤田雄一郎監督は「選手たちは優勝して当たり前というプレッシャーに負けずに、たくさんの歴史を作ってくれた」と話した。

 東福岡は初戦と第2戦を大差で勝利したが、準々決勝、準決勝は一転リードを許し、追いかける厳しい展開を逆転した。前回大会準決勝で敗れている東海大仰星(大阪第1)との決勝は前半のリードを一時追いつかれたが、再び突き放して「高校3冠」を達成した。【遠山和宏】

〔福岡都市圏版〕

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。